二重整形施術に必要な費用とは|永久的に維持する手段

瞳を輝かせる魔法のような二重整形

二重で印象を上げましょう

カウンセリング

埋没法と切開法があります

目の印象で、顔の印象は大きく異なります。腫れぼったい一重瞼にコンプレックスを持ち、ぱっちりとした二重瞼になりたいと希望している方も多いのではないでしょうか。二重瞼だと、目力がアップして魅力的に変身できます。メイク映えもしますので、目を二重にしただけで見違えるほどの美しさを手に入れることができるのです。しかし、一概に二重整形といっても、種類はたくさんあります。目頭から眼尻にかけて二重幅が広がっていく二重瞼は、日本人にぴったりで自然な印象に仕上がりますし、幅の広い二重だとハーフっぽいお人形さんのようなぱっちりした目の印象に変わります。ただ、周りの人に整形したことがばれないようにしたいという場合には、奥二重にするという選択もあります。一重瞼よりも目が大きく見えるわりに、顔全体の印象はそれほど変わりませんので、こっそりと綺麗になることが可能です。自分のなりたい二重のデザインや自身の目の悩みや特徴などから適切な施術方法を選択しましょう。二重整形には大きく分けて、埋没法と切開法の二種類があり、費用もまちまちです。二重整形の中で、メスを使わず手軽にできる整形方法として、埋没法があります。埋没法の場合は、髪の毛ほどの細さの糸を使用して、瞼の線に沿って留めていく施術方法です。施術時間も15分程度で終了し、切らないので腫れや赤みも2〜3日もすれば収まります。また、糸を外すと元に戻りますので、デザインが気に入らなかった場合に元に戻したり、やり直したりすることも可能です。費用も10万円以内が相場で比較的安価にできますので、メスを使うのに抵抗のある方や一度試してみたい方などに向いています。ただし、埋没法は糸が緩みやすいことが難点で、永久的に二重がキープできるわけではありません。5年ほどで元に戻ってしまうこともあります。埋没法では戻ってしまったという場合には、切開法という施術方法があります。切開法とは、メスを使って二重の線を切開して、縫い合わせる方法です。目が腫れぼったい印象になってしまうのは、目の上の脂肪が原因です。切開法ですと、目の上の脂肪を取り除いて縫い合わせるので、埋没法よりもさらにぱっちりとした二重に仕上がります。費用は20万〜30万ほどで、切開するのでダウンタイムも長いですが、永久的に綺麗な二重瞼を手に入れることができます。

埋没法と切開法の違い

目元

美容クリニックで二重整形をする場合は、手術の特徴や注意点をよく理解しておくことが大切です。費用が安くリスクが少ないのが切開しない埋没法です。メスで二重まぶたを形成する切開法は、半永久的に二重を維持できます。

目の印象は重要

鏡を見る人

二重整形は費用もリーズナブルで非常に身近な整形手術として普及しています。治療実績も多く年々医療技術も上がっていますので、より安全性は高くなっています。まぶたの状態に合わせて適した手術法を選ぶ事がきれいな二重まぶたを実現させるカギとなります。

年々進化する美容整形手術

注射器

プチ整形という手法が開発されてから、美容整形手術も身近なものになりました。二重整形なら、数十分で手術は完了しますし、ダウンタイムもほとんど必要がありません。費用も十万円前後と大変リーズナブルになっています。

理想の目元を手に入れよう

瞳

アイドルや外国人のような大きな目元、パッチリした二重は理想です。二重整形は埋没法や切開法と選ぶことができ、美容外科の医療技術ですることができます。腫れや赤みなどのダウンタイムがありますが、10万から25万の費用で大きい目元になれます。

魅力的な目元になりたい

鏡を見る女性

眠そうな目元や怖い目といわれる人もいて、一重まぶたに多い特徴になります。また加齢が原因で小さく見えることもあり、美容外科では二重整形で施術ができます。埋没法や部分切開そして全切開法があり、費用も施術方法や美容外科ごとに違います。