二重整形施術に必要な費用とは|永久的に維持する手段

婦人

魅力的な目元になりたい

鏡を見る女性

美容外科の二重のコース

日本人の目元は一重の人が多いので、コンプレックスを持っている人が多いです。アイプチなどセルフで二重にする方法や、メイクで目元を大きくする方法もあります。しかし、アイプチやメイクはその都度するようになり、時間も手間もかかってしまいます。また、蒙古ひだが張っている人も多く、蒙古ひだが張っていると眠そうな目元に見えます。まぶたに脂肪がたくさんついている人も同じで、腫れぼったいと目つきが悪く見えます。その他にも加齢と共にまぶたにはたるみが出るので、まぶたがたるんでくると目が小さく見えてしまいます。そこで美容外科では二重整形をすることが可能となっています。そのため、一重を二重の魅力的な目元にすることができます。二重整形には埋没法と部分切開法そして全切開法があり、それぞれに施術方法や腫れや費用に違いがあります。二重整形の埋没法は医療用の糸を使った施術方法で、美容外科で一番安い費用は5万円になります。また最近は医療用の糸も特別なものを使い、埋没の仕方も特殊な方法があります。この特殊な埋没法の場合は通常よりも高く、安くても12万円の費用がかかります。また、部分切開は埋没法と全切開法の中間で、1cmくらいまぶたを切開する方法になります。部分切開の二重整形は埋没法で取れた人や、整形をしたのがばれないようにしたい人に向いています。また、大きな二重の目元にしたい人には不向きで、より自然な仕上がりの二重にしたい人におすすめです。そんな部分切開の費用は25万円くらいが相場で、安い美容外科では20万円になっています。次に全切開法は3cmくらいまぶたを切開する方法で、二重整形の中でも一番大きな目元にできるのが魅力です。しかし、二重整形の中で一番ダウンタイムが長く、2から3週間以上強い腫れや赤みが続きます。ですが全切開法は半永久的な効果が持続するので、埋没法のように戻ってしまうことがありません。美容外科で二重整形をするためには、まずインターネットで複数の病院を比較することが大事です。インターネットでは人気ランキングサイトや、口コミランキングサイトがあります。またいくつかの病院を候補にしたら、それぞれの病院に問い合わせてみるのもおすすめです。病院によって問い合わせの対応は様々で、自分に合った病院を選びカウンセリングをし二重整形をします。