二重整形施術に必要な費用とは|永久的に維持する手段

婦人

埋没法と切開法の違い

目元

必要な費用

二重整形には切開しない埋没法と、メスで切開する切開法の二つがあります。埋没法は多くの美容クリニックで受けることができる、メスを使わない人気の二重整形です。髪の毛よりも細い糸をまぶたの中にある筋肉に埋め込み、目を開いたときに二重になるように調整します。針で糸を通すだけなので、メスで切開する二重整形よりも低リスクです。また、片目1万円以下でできるクリニックもあり、手術費用がリーズナブルなのも埋没法の魅力の一つです。埋没法は簡単なプチ整形ですが、術後に腫れや内出血が多少あります。血行が良くなると腫れが悪化しやすいので、手術をしたあとはしばらく入浴やサウナ、激しい運動を控え、安静にして過ごすことが大切です。また、埋没法は元に戻りやすいという欠点があります。特に目をごしごしこする癖がある人は元に戻りやすいので注意しましょう。戻らないようにするには、2点法や3点法など、複数の箇所で糸を止める埋没法がお勧めです。また、戻りにくい方法で糸をかけてくれたり、元に戻った場合は割安な手術費用で再手術をしてくれたりするクリニックもあります。切開して二重まぶたを作る二重整形もあります。まぶたにメスを入れて、本格的に二重のひだを作る手術です。切開法をすることで、半永久的に二重まぶたになります。また、まぶたについた余分な脂肪をついでに取ることができて、埋没法よりもはっきり・くっきりした幅広の二重を形成することが可能です。手術費用は両目あわせて20万円〜30万円が相場です。切開する範囲を最小限に留めて行う部分切開法の場合は少し費用が安くなり、両目あわせて15万円〜25万円ほどとなっています。切開法の場合、メスを入れて二重を作るので、一度手術をしてしまえば後戻りは不可能と言われています。手術をして気に入らない仕上がりになってしまうと、一生後悔することになります。そういう事態にならないために、手術前に時間をかけて医師と話し合い、理想的な二重まぶたのデザインを決めることが大切です。また、切開法はメスを入れて切開するので埋没法よりも腫れなどのダウンタイムが長くなります。普段学校に通っている学生の場合は、夏休みや冬休みなど、長期休暇が取れる時期を利用して手術を受けるといいでしょう。社会人の場合も、少なくとも1週間程度の有給休暇を取ることが必須です。