二重整形施術に必要な費用とは|永久的に維持する手段

婦人

年々進化する美容整形手術

注射器

埋没法の素晴らしい点は

最近の二重整形事情は、昔とは大きく異なっています。昔は切開をすることも多かったのですが、今ではほとんど切開をする手法は選ばれなくなっています。プチ整形と呼ばれる、糸で留めるだけの方法が主流になってきているのですね。芸能人の中にも二重整形をしている人は多いですが、多くがメスを使わない方法を選んでいます。メスを使わなくても十分な効果と持続性が得られるので、そちらを選ぶメリットがほとんどなくなってきているのです。埋没法と呼ばれる方法なら、医療用の糸を使って、何点かでまぶたを留めるだけで二重が完成します。一重の人はもちろん、奥二重の人でも使える手法ですし、二重の幅も好みの幅にすることができて便利です。費用はクリニックによって違いますが、大体十万円もあればできるのではないでしょうか。安い場合は、両目合わせても五万円以下で済ませられます。これだけ費用が安いと、学生の人がアルバイトをして二重整形をするということも視野に入れられますね。実際に、十代の人が親の支援を受けずに自分でお金を貯めて整形をすることもあります。18歳以上なら本人名義で申し込みをすることができるので、整形も身近なものになってきましたよね。ちなみに、埋没法という手法には、いくつかの特徴があります。まず、メスを使わないので、手術時間が数十分で済むという点を知っておきたいですね。人によっては腫れることもありますが、それもすぐに収まります。万が一糸が外れたときには、三年以内なら無料にて再縫合をしてもらえることもあります。この点はクリニックによって差がありますが、中には十年保証というところもあります。追加費用を節約したい場合には、保証期間が長く設定されているクリニックを選択するのがいいでしょう。埋没法にはいくつもの種類があります。まず何点で留めるかという違いもありますね。実はこの留める点の多さによっても費用は微妙に変わってきます。ただ、何ヶ所で留めるかは、その人のまぶたの脂肪の厚さによってもベストなものが違ってきます。一点で留めるものから四点で留めるものまでありますが、一概に四点留めがいいとも限らない点には注意が必要です。技術力のない医師の場合、留める個所にばらつきが出て、二重のラインがガタつくことがあるのです。なので、四点留めや五点留めで二重整形を希望する場合には、腕の良い医師を探して手術を受けましょう。